千葉の仁王4連発。その共通点は・・・

本格的に仁王行脚を始めてから行きたかった千葉ツアーです。ここに登場する4組の仁王像にはある共通点があります。それが何か考えながら見てみてください。

今回は以前に訪れたことのある信仰の篤い芝山仁王尊をメインに千葉北部仁王ツアーをしてみます。


まずひとつ目、成田の宗吾霊堂 東勝寺の仁王さん。
成田山 新勝寺と並び有名な真言宗の東勝寺。
佐倉宗吾という将軍家綱公に藩主の悪政を直訴したため磔(はりつけ)の刑に処せられた義民がいたのですが、その宗吾さんを祀るお堂があり、一般に宗吾霊堂と呼ばれています。

こちらの仁王さんは金色です。
画像

香取正彦さんという明治生まれの彫金家が作ったそうで、故香取さんは人間国宝でした。スゴイですね。
画像

もちろんこちらの仁王像も鋳造で、体の金色は金箔なのだそうです。ゴージャスです。
ゴールデンコンビというのはまさしくこのことでしょう。
「ゴールデンコンビ仁王by人間国宝」と名付けてみましょう。

吽形が阿形と同じ金剛杵をさりげなく持っているところも見逃せませんね。
やはりゴージャスですからね。



ふたつ目は早速メインの芝山仁王尊です。
芝山仁王尊 観音教寺は2度目の訪問です。
前回はまだそれ程仁王像に関心がなかった頃、この近くの現場に仕事で来ていてその独自な仁王信仰に驚いたのでした。

こちらの仁王門は門なのですが、お堂でもあります。今回訪れた時、祈祷が本堂ではなく阿形のお堂内で行われていました。
画像

警備小屋のそれぞれの部屋がとても広くて、VIP待遇です。例えるなら大統領を守るSPクラスなんでしょうね。
画像

VIPな個室の須弥壇に祀られた仁王さんです。「VIP仁王」ですね。
なにしろ距離が遠いのと暗いのとで、頑張って撮影してもこの程度です。

境内に貼られたポスターの写真を見るとこのようなお顔の仁王さんがいるようですね。
画像


今回再度訪れたのは写真を撮り直すのがひとつと、もうひとつ、交通安全の仁王ステッカーが欲しかったからです。

現在車の後部右側に善光寺の仁王ステッカー(阿形)を貼っているのですが、
画像

左側に貼る吽形のステッカーなんぞないものかと思い期待してやってきました。
すると、なんとありました!交通安全ステッカーがなんと吽形!
画像

我ながら素晴らしい引きです。

右に阿形、左に吽形のステッカー。完璧です。


メインの芝山が終わったところで今日の仁王行脚は終了、あとはのんびり移動するだけだと思い東金を目指して南下してゆくと、カーナビ上の右手に「浪切不動院」の表示が。
ふと右手をみると一本向こうの道の断崖の丘の上にお堂がそそり立っているのがチラッと見えたので、これはただのお寺じゃあるまいということで少し寄り道していくことにしました。仁王がにおうぞ・・・。

近づくとラッキーなことに朱塗りの仁王門が。ほーらやっぱり!
中の仁王さんは塗装も綺麗で近年に再塗装されたと思われます。
画像


お不動さんのいる本堂は崖の上にあります。「崖の上のフドー」ですね。
画像

こりゃあひとつ向こうの通りからでも見えるわけです。
えっちらおっちら石段を上がってお参りし、振り返って下を見ると、プチ高所恐怖症の僕は少々足が震えましたがなかなかの絶景でした。

下に降りるとお参りに来ていたおじさんに
「本堂はどちらになりますか?」と訊かれました。あいかわらずお坊さんに間違われてしまいます。
今上ってきたお堂だと伝えると流石にキツイと思ったらしく、
「そっちの(本坊の)お堂にお参りしたからいいかなあ」といって帰っていかれました。南無南無。


もう流石に今日の仁王行脚はこれで終わりと思って、なんとなく旧道の細い道を進んでいると道に
「妙宣寺仁王尊→」という案内看板が!

4時過ぎだけど、こりゃ、行くしかないでしょ。

ここで少しお寺のネーミングウンチクです。
お寺の名前に「妙」がつくところはたいがい日蓮宗の寺院だと思っていいでしょう。
これは日蓮宗が根本経典とする「妙法蓮華経」の「妙」からきています。
妙宣寺も法則通り日蓮宗のお寺でした。だからどうってこともないんですがね。

画像

こちらの仁王さんは夕暮れの中、仁王門の奥のほうでひっそりと警備されていました。
暗いです。でもなかなか独特の味がある仁王さんですね。
全然予定になかったのでラッキーでした。「おまけのラッキー仁王」と呼びましょう。

さて、千葉北部の仁王さん4連発。
共通点はわかりましたか?

ヒントは「スッキリ」

答えは次回!

この記事へのコメント

ゴトウ
2011年02月05日 04:39
ヒントは「スッキリ」・・・???

う~ん、ハッ!!
も、もしかして・・・アレか?アレなのだろうか!?

いや、たしかに千葉ツアーに登場した4組の仁王像にはアレがない・・・。
私が個人的にとても気に入っている鎌倉駅近くの日蓮宗 本覚寺の仁王さまの様な立派なアレが。

今、思っている答えが本当に合っているかどうかはわかりませんが、
しかし、それにしても なんでアレが ついていないんだろう?
何か理由があるのでしょうか?

仮に私がどうしても マイ仁王像が欲しくなったとして、
「とびっきり強そうでカッコイイやつを お願いします!」って仏師に発注したとして、
もしも!
届いた仁王様にアレがついてなかったとしたら、
某モビルスーツに乗って出撃する直前に
「足がついていない・・・。」と、不満をのべた赤い彗星の人のように、私も愚痴をこぼすかもしれません。
なべたけ
2011年02月06日 10:21
ゴッチ解答ありがとう。
さて、正解はなんでしょう。
もうバレバレな感じですね(笑)
もはや仁王ワールドに精通されている皆さんには簡単だったでしょうか。

しかし考えてみて下さい。
人生においてこれまで仁王をしげしげと観察し見比べたことなどあったでしょうか?いや、ないでしょう(逆説)。

ある物事に興味を持つか持たないかで世界が変わります。
価値観なんてその人の考え方ひとつなんですね。

僕のやっている仁王行脚も他人の暮らしには全く役に立たないことですが、もしかしたら見てくれている誰かの価値観が少し変わるかもしれない。
誰かの世界をほんの少し動かすことが出来れば、それはとても意義のある事です。

若さゆえの過ちにならぬようにいきたいと思います。

あ、正解は次のブログね。

この記事へのトラックバック