北へ西へ東へ

この3日間に会った仁王さん達です。埼玉・神奈川・千葉とかけずりまわっています。

一般の方々がこの記事を見たらどう思うでしょうか?
きっと「どうかしてる」と思うのではないでしょうか?
でも人生「どうかしてるコト」の見せ合いっこだと思うので、より上のどうかしてる人生を目指して行きたいと思います。

18日。埼玉。
勝願寺の仁王さん。吽形さんは相変わらず思い思いのポーズを決めてらっしゃいます。
ラジオ体操第2の冒頭のアレでしょうか?
画像


泉福寺の仁王さん。仁王門の中に居ながら石仏というなかなかの信仰の篤さを感じさせる仁王さんです。
何気に吽形さんが阿形さんの金剛杵をぶんどってます。「あっ!取られた!」の表情です。
画像


常楽寺の仁王さん。オレンジの髪の毛、眉毛。彫りの深さからみてこの方達は外国人力士ですね。間違いありません。
画像



19日。神奈川。
伊勢原の日向薬師の仁王さん。過去に訪れて仁王撮影の原点と言ってもいい位インパクトを受けた仁王さんです。3.5mのめっちゃカッコイイ仁王さん。腕の筋肉ハンパないです。
画像


厚木の飯山観音の仁王さん。坂東三十三観音の札所で以前訪れています。上目づかいでみつめてくれる仁王さんです。カワイイ。
画像



20日。千葉。
市川3連発の1個目、弘法寺の仁王さん。黒い身体に金色の乳首が輝いています。ポーズは至ってノーマルです。日蓮宗らしいです。
画像


2個目、下総国分寺の仁王さん。なにしろ吽形さんの宝棒がロングで主張しまくっています。男子は小さいころから棒を持って振り回すのが大好きなんです。
画像


3個目、法華経寺の仁王さん。名前の通り日蓮宗の本山のひとつです。汚れたアクリル板と細かい金網の二重防御で正面からは全く中の様子が見れません。下の四角い小窓から撮影。こういうのやめて欲しいです。
画像


おまけで船橋の滝不動の仁王さん。夕暮れ時、細かい金網の奥の暗闇にいらっしゃった仁王さんです。デジタル一眼引っ張り出して絞り開放&シャッター速度2秒、ISO800でもって頑張って撮影しました。みごとに金網が消えました。
眉毛がつながった仁王さんです。ファニーです。
画像



以上9組、18体の仁王さんでした。今日ももちろん仁王行脚してきます!

前回のクイズの答えです。
大林寺の仁王さんは「ファミリー仁王」です。これは簡単ですね。昨日宮城県の仁王さん達の画像を整理していたらいましたよファミリーが!彼等は一体全国のどこまで分布しているのでしょうか?気になります。

九品仏の仁王さんは長い金剛杵に仏師のこだわりを感じるところから「こだわり仁王」と呼んでいます(僕が)。
そんなもん知るかとお思いでしょう。その通りだとおもいます(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック