群馬仁王行脚、まだまだいます。

群馬県伊香保に仕事で行きました。
なので群馬仁王行脚です。群馬は家から山梨に行くよりも遠いので意外に攻略しきれていない感じです。
まだまだ初対面の仁王さんがいると思われます。

そんな群馬1発目は前橋厄除け大師 蓮花院。関東八十八ヵ所の巡礼で以前訪れていますが、今回はリベンジ撮りで肩慣らし。
画像

巨大なお地蔵さまで遠近感めちゃくちゃです(笑)
画像



同じく前橋の時中不動尊 安楽寺。
画像

足の血管がすごい。
画像



さて、初日のラスト、
伊香保温泉の現場を通りすぎること30km!
訪れたのは草津温泉に程近い吾妻郡長野原町、八ッ場(やんば)ダム建設地。

ここにはダム湖に沈むのを免れたお不動さんと仁王さんがいます。
滝無不動尊 横壁仁王。
川辺から移設され現在は高台の新しい国道沿いに仮置きされています。
地形や道路が日々変わっている場所なため、グーグル地図にもカーナビにも出てこないので、1時間余裕をもって向かいましたが、案の定きっちり1時間迷ったあげく、通りかかったダム工事の作業員のおじさん達に場所を訊いてやっと辿り着きました。
画像

小さなお堂のお不動さんを守るように立ってらっしゃいます。
画像

その守られているお不動さんがこちら。
画像

ちっこいです。かたわらに置いてある剣の方が何倍も大きいです(笑)


1日目はたっぷり1時間迷って時間通り現場入り。賢明な選択でした。
予定では夜、次の仕事現場の山梨に前乗りするつもりでしたが、車のブレーキパッドを交換しなくてはいけないぐらいに異音を発していましたので、やむなく群馬県渋川市で1泊することに。


2日目は車の修理が終わるまでの間、代車のプリウスで群馬の仁王行脚の続きをしました。
目的地は高崎の南西側の安中(あんなか)市。

調べるとこの辺りはお寺が多く、4組程未知の仁王さんが密集していることがわかり、短時間で行く計画です。
前の日に突然思いついたにしては上出来な計画、きっと群馬の仁王さんが引き止めてくれたのでしょう。

スタートは天台宗の東光院。
山門前に石像の仁王さんがいらっしゃいました。
画像

ベースは曹洞ファミリーのスタイルです。

寺院がかたまっているので2ヵ所目もすぐ。
真言宗の妙光院。妙がつくので日蓮宗かと思いきや新儀真言宗です。
山門にはシンプルな仁王さんが。
画像


3ヵ所目は妙光院から徒歩ですぐ、日蓮宗の蓮久寺。
ここの仁王さんはカッコイイ!
画像

平成15年の新しい仁王さんです。
画像

この阿吽のポーズは石像でよくみかけるスタイルです。
画像

こちらの仁王さんは材質はよくわかりませんでした。
FRP?石膏?塑像?
ひび割れ箇所をしげしげと観察したところ木造ではなさそうな感じでした。

本日のベスト仁王です。

ラストは安中市街から北西の山に9kmほど行った場所にある榛名神社。
北関東で時折みかける神仏習合の名残の神社仁王です。
画像


というわけでリベンジ撮り1組、初対面6組の群馬仁王行脚でしたが、安中市で意外に多数の未知の仁王さんがまとめてでてきたり、やっぱりまだまだ開拓しきれていません。。。

関東の仁王像を極める道はまだまだ長く険しそうです。

仁王行脚はまだまだ続きます。
明日は山梨です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック