群馬県高崎市と埼玉県北部の仁王さん

23日。前日秩父まで来たついでに、その勢いのまま群馬県高崎市までやってきました。
まだまだ未知の仁王さんはいるものです。

高崎にはツイッターのフォロワーさんに教えていただいた神社の仁王さんがいるのでやってきた次第です。
しかも、さらによく調べると他にも3組程知らない仁王さんがいらっしゃるのが判明し、
ウキウキしながらの高崎仁王行脚となりました。

予定ルートでは教えていただいた琴平神社の仁王さんがスタートになるはずだったのですが、
曲がるところを通り過ぎてしまい、予定変更で先に2番目の仁王さんへ。


予定外にスタート地点となったのは定家(ていか)神社といって藤原定家を祀る神社です。
ここには仁王堂という仁王さんを安置するお堂があります。

かつては、道を挟んだ東側にあったそうですが、昭和の初めに神社境内に移されたそうで、
中には江戸時代のものと思しき仁王さんが並んで立っていらっしゃいました。
画像


通常肋骨下にある仁王筋(丸いボツボツ)が肩から上腕部にもあり、「ゴーヤのような」感じになっています。
画像

いい味出していますねえ。

お堂の中の仁王さんは日差しを気にせず撮れるので良いのですが、
中に入れない場合は正面からのワンポーズのみの写真になってしまう事が多いです。
やっぱり門の中で護っていて欲しいですね。


お次は先程通り過ぎてしまった琴平神社です。
丁度運良く元々のルートでも2回通りかかるようになっていたので、道筋の変更は無く、順番を入れ替えただけで済みました。
この琴平神社には随身門があり、表に左大臣・右大臣の神像、裏側に仁王さんの布陣です。

境内に車を止めて早速門の裏側へ回ってみますと、いたいた!
画像

思っていたよりもずっと立派な江戸の仁王さん(スタンダ江戸)です。
画像

吽形さんも口角がシャキッとなっていてなかなかのイケメン。
画像

いいですね~。


神社仁王はまだまだ見逃しがありそうです。あんまり検索にもヒットしないんですよね。


少し南に移動して、高崎市の吉井町へ。
室町時代に創建されたという曹洞宗の仁叟(じんそう)寺。

興福寺の天燈鬼を模造した鬼がセンターでお出迎えしてくれるというインパクトのある配置です。
画像


非常に立派な楼門の下の平成の石仁王さんは360度拝めます。
画像



そういえばボクが仁王行脚をしている間にスカイツリーが開業したそうですが

こんなのでしたっけ?
画像



同じく吉井町の龍源寺。
こちらの山門の両サイドには70cm足らずの小さな仁王さんがいらっしゃいます。
画像

高いところから登場するのはヒーローのお約束。
画像



以上高崎の仁王4組でした。


時間がまだあったので、埼玉県の本庄市まで移動です。
浄土宗の円心寺の仁王さん。
画像

優しそうな仁王さんです。
画像



翌24日。
朝6時半から熊谷の文殊寺を攻めます。
仁王門は南向きが多いので朝一攻めると割と日照を気にせず撮れるのです。

ところが・・・
画像

なんと伽藍配置が東向きでした(笑)
朝から日光直撃です。
仕方がないので影の写真でも撮っておきます。
画像


普通ならこれで帰るのでしょうが、ここは仁王写真家の意地を見せておこうということで、
コンビニで1時間程待機し、太陽の移動(地球の自転)を待ってリベンジ撮りに向かいます。

するとどうでしょう、すっかり撮りやすくなっていました♪
画像

金の眼に阿形さんには不思議な天衣。
空を飛ぶ時に握って操縦するのでしょうか。
画像


駐車場の横に咲いていた花。
見ているうちにもポロポロと花ビラが落ちてゆきました。
画像



関東の仁王さんはまだまだいるようですね。
仁王行脚は続きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック