会津仁王行脚2012 その4

会津行脚も3日目になりました。この日は喜多方市を中心に会津三十三観音札所の仁王さんを探索です。
これでおそらく会津近辺の仁王さんは網羅できるハズです。

まずスタート地点は会津若松市の会津札所17番中ノ明観音密蔵院。
おとといから何度となく通って気になってた「観音前」交差点の近くにありました。
会津スタイルの仁王さん。
画像

東北特有の布掛け信仰がみられます。
画像


次に訪れたのは会津札所1番大木観音常安寺。
この会津行脚で一番グッと来た仁王さんです。
勝常寺と同じく腰蓑ハワイアン。
画像

デカ頭の阿形さん。顔といい体といいとても個性的です。
こういうザ・ローカル仁王さんに会えるのが東北行脚の良いところです。
画像

仁王門内部に千羽鶴の奉納があります。吽形さん。こちらも個性的。
画像



三箇所目は会津札所6番勝(すぐれ)の観音勝福寺。
「おや?」と思ったのは立ち位置が阿吽逆になっています。
画像

立ち位置が逆に置かれてしまっているせいで仁王門中央から見ると仁王さんが外側を向いてしまっています。
これは良くないです。仏敵が通っても見てみないフリ。セキュリティーが甘いです。
画像


境内の木鼻の獅子の彫刻が招き猫状態になっていました。面白いです。
画像


さて、予定ではラスト3組。
いよいよクライマックスを迎える会津仁王行脚。

次は最終章です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック