宮城県丸森町のご当地ヒーロー&福島県相馬市の巨大ロボ

会津の仁王行脚から帰ってきたばかりですが、福島県相馬市にお仕事で呼ばれたので再びの福島です。
I love 福島なのでドンと来いです。

さて、常磐道で茨城県方面から海沿いから行きたいところですが、残念ながら原発事故で大熊町周辺が警戒区域で通れない為、やむなく東北道で栃木経由で向かいました。

福島西ICで降り一般道を東へ東へ移動するのですが、途中どこか会ったことのない仁王さんはいるのかと検索するもイマイチヒットせず、仕方がないので少し北に寄り道して宮城県の南部、丸森町を通って行くことにしました。

震災後丸森町を訪れるのは初めてですが、ここには仁王行脚開始の頃に会った、めちゃくちゃ個性的でカッコイイ仁王さんがいるのです。
被災状況などを見ておく為に寄りました。

丸森町駒場滝不動尊愛敬院の仁王さん。
ご覧のとおりの実にオリジナルなヒーローポーズを決めて立ってらっしゃいます。
言わばご当地ヒーローといった感じでしょうか。
画像

愛敬院は修験道の神仏習合寺院で、仁王門の手前には二重の鳥居があります。
画像

久しぶりにお会いした愛敬院の仁王さんはあの頃と変わらぬ姿で警護していました。
画像

吽形さん。基本、阿吽でほぼシンメトリーなポーズ。吽形さんも金剛杵を握っています。やっぱり仁王さんは左利きなんですね。
画像

いやあ、カッコイイ。
画像

ポップなカラーリングの袴をたなびかせています。
画像

江戸時代の像とされています。この着色は斬新です。
画像

参道ののぼり。「負げねど がんばる 明日を夢見て!」
画像



福島県相馬市に入って金剛検索をするも仁王さんはなかなかヒットせず、現場入りまでの時間、観光名所になっている百尺観音を見にいきました。
まあ、ヒーローといえば巨大ロボがワンセットですので(笑)

早速到着すると駐車場の植え込みの根本にニャンコ。和みます。
画像


百尺観音。昭和6年から親子3代に渡って彫られている(最も今は補修程度で実際には彫られていないそうですが)という崖仏です。
画像

残念ながら左手がおそらく震災でだと思われますが損壊していました。むう、残念!
画像

手前には沢山の睡蓮が咲いている蓮池。
画像

被災地に咲いた花。
画像


この日の仕事は大成功でした。
相馬市の皆さんの笑顔が見れて本当に嬉しかったです。

福島仁王行脚は始まりました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック