みやじさまと加賀仁王行脚

10月10日

新潟県長岡市に仕事で来ました。という事で早速付近の仁王さんをサーチ。
現場前に仁王行脚です。

1.石動(いするぎ)神社
画像

長岡市宮路町の石動神社。地元では「みやじさま」と呼ばれ信仰されている神社です。
画像

神仏習合の名残りで仁王門があります。
画像


真っ赤な仁王さんは近年補修されているようです。
画像

補修の際に取ってしまったのでしょうか、仁王さんのチャームポイントでもある乳首がありません。
これじゃ千葉の一部で流行っている「乳なし仁王」状態ですね。
画像



10月11日

移動日で北陸経由で滋賀の実家に移動です。

石川県の西、加賀の手前、尼御前SAにて休憩がてら調べていると石川県加賀で仁王さんが3組程出て来ました。
行けってことだと判断し急遽石川県加賀市の仁王行脚をしてみることに。

2.加賀寺
画像

バブル期大観音の観音院加賀寺。一応真言宗系みたいですが、曹洞ファミリーの仁王さん。
画像

そしてこちらがバブル期の大観音さま。
画像

ムダに金色です。


3.薬王院温泉寺
画像

山代温泉の薬王院温泉寺の仁王さん。平成生まれの東大寺タイプ。
画像

画像

薬王院温泉寺には平安時代初期の十一面観音さまがおわします。お堂の格子のガラス越しで拝観できました。
画像



4.月うさぎの里

ちょっと変化球です。
加賀の無料でうさぎさんと戯れることのできる施設『月うさぎの里』。広場はウサギがいっぱい放し飼いされちょっとしたデートスポットです。
画像

広場のあちこちには、あのせんとくんの作者、藪内佐斗司さんの彫刻が一杯あります。こっちが目宛て。
画像

そして広場の一角、売店入り口の前にニョキッと首だけ一対。もちろんこちらも藪内さんの作品です。
画像

像高はそれぞれ7~80cm。敷石も色分けされていて凝っています。
画像

身体は地中に埋まっていると考えるのが妥当でしょうw藪内佐斗司さんの仁王さんは初めて見ました。
画像

愛嬌たっぷりのこの睨み♪
画像


うさぎ目あての観光客には全く人気がありませんでしたが虚空蔵菩薩を祀るお堂も敷地内にあります。
こちらの御像も藪内さんの手によるもの。
画像


加賀で思いもかけず面白い仁王行脚が出来ました。
福井県に急ぎます。

5.妙顕寺
画像

福井県敦賀市の妙顕寺。
前回訪れた時は午前中で日光がばっちり当たって撮影がしづらかった為、午後ならばとやって来ました。
画像

計算通り日影になっていました♪興福寺タイプの羅漢仁王さん。
画像

福井はほんの20分程度の滞在で地元滋賀に向かいます。

滑り込みで高月観音の里 歴史民俗資料館で開催中の『特別展 湖北の観音 観音の里のホトケたち』に。
画像

目玉の正妙寺千手千足観音像を約360度じっくり間近で拝観しました。

もちろんすぐ隣りの渡岸寺観音堂の仁王さんにもチラッとごあいさつ。
画像

画像



『湖北の観音』長浜会場は道が混んでいてギリギリ間に合わなかったのですが、
代わりに「長浜びわこ大仏」発見。良畴寺(りょうちゅうじ)。
いつの間にこんなの建ってたんだ。
画像

調べると建立は平成6年。台座込みで28mの青銅製だとか。
鋳造した業者は富山の高岡市の業者なのでもしかすると高岡大仏の兄弟仏なのでしょうか。

琵琶湖に沈みゆく夕日を撮影して1日を終えました。
画像


仁王行脚は続きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック