信州仁王行脚その3 飯山市の仁王さんと六地蔵

10月31日。

長野→富山の仁王行脚の後再度長野県に戻って参りました。


飯山駅前に仁王さんが立つらしいとのことで飯山駅に向かったのですがそのお話は次回。

観光案内所の方に色々お話を伺って、飯山界隈の仁王さんを教えていただきました♪

1.高源寺
画像

通称あじさい寺高源寺。瞳が爛々とした仁王さん。髭が濃い。
画像


画像



栄村に程近い飯山市西大滝地区の六地蔵さま。
3・12の栄村の地震で震源地の方向に90度向きを変えたお地蔵さまです。
画像

地震が起こるまでは道路を背に川の方に向かって立っていたそうです。不思議ですね。
画像

被災後の栄村の復興を見守っているのでしょう。
画像



2.本光寺
画像

飯山市本光寺のかわいい仁王さん。
画像

金剛杵の代わりに巻物を持っています。
髪の毛フサフサでちょっとお不動さん的な感じ。
画像



3.蓮台寺
画像

長野市蓮台寺の平成の仁王さん。
画像

どこかで見たことのあるフォルム、そしてポーズ。分かりますか?
画像


そうです、京都醍醐寺の平安時代の仁王さんをカラフルに再現しているんですね。
画像



さらに蓮台寺の仁王門には後ろ側に明治の火災で焼けてしまった初代仁王さんが安置されています。
画像

画像

灰になったぜ・・・真っ黒にな・・・。
画像



4.信叟寺
画像

飯山観光案内所の方に教えていただいた、長野市信叟寺の仁王さん。
画像

なかなか迫力のある仁王さんが向かい合って立っています。
画像


2011年落慶法要したばかりの仁王門は飯山城の門柱をそのまま使用しているのだそう。素晴らしい。
画像


次回のブログでは冒頭の飯山駅の仁王さんに会ったレポートをします。

仁王行脚は続きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック