テーマ:仁王

置賜仁王行脚

8月23日 東北の旅も12日目、ラストは山形県です。我ながら恐ろしい程のフットワークです。 山形県は宮城、福島に次いでよく訪れていますので、結構仁王行脚も出来ているかと思いきや 結構漏れがあったりします。 今回は山形南部の穴を埋めてゆきます。 1、宝積坊 山形県南陽市置賜三十番長谷観音、宝積坊。網が細かく…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

岩手仁王行脚・一字金輪佛頂尊

8月22日 宮城県からスタートし、青森県、岩手県と巡った東北仁王行脚も11日目になりました。 この日は内陸の盛岡市から中尊寺まで縦のラインを行脚してゆきます。 とはいっても一関・花巻・盛岡のこのコースは何度か来ているのであまり新しく訪れるところもありませんが。 1、極楽寺 紫波町の極楽寺に4mの日本最大級の石の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手県沿岸部の仁王行脚 その2

8月21日 岩手県の海岸線をさらに南下して行きます。 前日の宮古市辺りから次第に被災の痕が色濃くなってきます。 石巻、気仙沼、南三陸町、女川、南相馬とこれまで被災地にボランティアで足を踏み入れてきましたが 何度見てもこの津波被災地の光景には呆然とさせられ、悔しさに涙が流れます。 大槌町。何もかも流された地に建てられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手県沿岸部の仁王行脚 その1

8月20日 青森仁王行脚を終え帰りは岩手県の沿岸部を通ってゆきます。 たまたまですが「長」から始まるお寺が3つ続きます。 1、長圓寺 岩手県九戸郡洋野町の長圓寺。オモテはごく普通の曹洞ファミリー仁王さん。 裏が面白い。七福神と八大龍王。 2、長泉寺 久慈市の長泉寺。セルフご開帳システム採用の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

青森仁王行脚 その6最終日

8月18日 青森仁王行脚最終日は八戸市を行脚します。 どんな出会いがあるでしょうか。 まずむつから太平洋沿岸を南下する途中、おいらせ町の散髪屋さんにいた全長3mのコンクリガンダム。 連邦・ジオン軍入り乱れています。 全部床屋のご主人の手製だそうで、ネットではかなり有名。 キュベレイなどリクエストがあって面白そうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森仁王行脚 その5

8月17日 青森仁王行脚5日目は予定より1日早く下北半島を巡る旅となりました。 まず夜のうちに本州最北端の大間まで移動して日の出を拝みます。 海鳥たちもたくさんいます。 下北半島の海岸沿いはこれといって仁王さんをサーチ出来なかったので七戸町の図書館でチェックしていた田名部海辺三十三観音霊場の気にな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

青森仁王行脚 その4

8月16日。 青森仁王行脚4日目。 青森市から4号線で東の内陸部にある七戸町へ早朝のうちに移動します。 1、青岩寺 七戸町青岩寺。眉毛がヤンキーっぽい仁王さん。 閻魔大王が被るような中国風の帽子を被ってらっしゃいます。 この日は七戸周辺で終了するつもりでいたのですが、この時点でまだ朝10時頃だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森仁王行脚 その3

8月15日 青森仁王行脚3日目です。 夜のうちに津軽半島の北まで移動しておいて、日の出を拝んで出発という塩梅です。 津軽半島北端からの日の出。 日の出の時間、眼下の岬のホテルの方から「津軽海峡冬景色」が大音量で流れてきましたw さて津軽半島をのんびり南へ移動して行きます。 1、義経寺 東津軽郡外ヶ浜…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

青森仁王行脚 その2

8月14日 青森仁王行脚2日目です。 この日のルートは弘前から青森の西部を北上してゆき、五所川原市、つがる市を行脚した後、海岸線を一気に西に移動、青森県の西端深浦町をゴールにして日の入りを拝むという予定です。 1、蓮正院 青森県板柳町の蓮正院(真言宗)の極小仁王さん。 山門で護ってる仁王さんなので立派に一軍ですよ♪…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

青森仁王行脚 その1

2012年8月。 いよいよ東北仁王行脚、最後の砦、青森県に行くことになりました。 今回ばかりは仕事のついでに行くのではなく、 秋田行脚と同様に仁王行脚のためだけに向かいます。 8月13日 初日。まずは南からの玄関、黒石市・弘前市辺りから行脚してゆきます。 1、大円寺 大鰐町の大円寺。国の重文丈六阿弥陀如来坐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回金剛力士写真展『東北の仁王 リリー&ファニオー』開催のお知らせ

2013年3月7日~3月12日 高円寺 ギャルリー・ジュイエにて 渡邊丈士 第3回金剛力士写真展『東北の仁王 リリー&ファニオー』を開催致します。 東北は思えばボクの寺院巡りのスタートの地(福島県会津)、 仁王行脚を始めるきっかけとなった地(宮城県仙台・石巻)であり、 そしてまた1000組目に到達した地(山形県酒田)でもあり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

輝け☆ベスト仁王大賞 2012

全国仁王ファンの皆様、今年もやってまいりましました。 さあいよいよ大晦日です。今年も1年の締めくくりに2012年のベスト仁王大賞を発表いたします! 2012年は元旦の横浜總持寺をスタートし、北は青森県から西は山口県まで約360組720体の仁王さんに会ってきました。 2011年は680組だったのでペースは半分ですがその分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田仁王行脚まとめ

5日間駆けずり回った秋田県。 40組と出会った予想を超えるバラエティーに富んだ仁王行脚となりました。 そんな仁王ブームの秋田県をまとめておきます。 まずクールな仁王さん。 横手市雲巌寺 秋田市天徳寺 男鹿市真山神社 にかほ市蚶満寺 由利本荘市永泉寺 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田仁王行脚・その五

秋田仁王行脚の最終日は前半戦の地、横手盆地に戻っての穴埋め行脚です。 横手盆地は本当に仁王像が大ブーム。 前半2日間でかなり網羅したつもりが、後になってまだまだ出てきました。 まず朝イチ向かったのは大仙市の多郎兵衛稲荷神社。 少し位置を割り出すのに手こずりましたが、発見です。 そこには塗り直されたばかりの赤と緑の仁王さんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田仁王行脚・その四

秋田仁王の旅も後半の後半、日本海側の南からスタートして、にかほ市~由利本荘市~秋田市に戻るというルートでいきます。 昨日の夜のうちに北からにかほ市まで移動しておきましたので朝イチから攻めていきます。 まず飛び込んだのがにかほ市の陽山寺。 ここを護っていらしたのはなんともファニーな仁王さん。 前日が意外にブッ飛んだ仁王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田仁王行脚・その三

秋田仁王行脚、後半戦は日本海側に移動して、秋田市~潟上市~男鹿市~北秋田と巡っていきます。 3日目は10ヵ所。朝から夕方までビッシリの工程です。 まずスタートは秋田市内のてん信寺。石造りの仁王さん。 「はぁ~?なんですかぁ~?」みたいなポーズ。 お次は9mの石の宝塔で有名な宝塔寺。 まず仁王門に木造仁王さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田仁王行脚・その二

何かを始める前に悪い想像に負けてしまって、踏み出さないまま終わることはありませんか? 思い切って飛び込んでみると、意外に壁を越えられるかもしれません。 そんな風に感じた秋田仁王行脚2日目です。 2日目は横手盆地の北側、仙北~田沢湖辺りまでいきます。 まず最初にして最大の難関、大威徳山神社。 大威徳山神社は、雄物川の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田仁王行脚・その一

群馬県の仕事を終え、待ちに待った秋田県行脚の時がついにやってきました! 予備日を含め5日間。 東北は毎回独特なローカル仁王さんに遭遇するので、否が応にも胸が高まります。 さて、どんな仁王さんが待っているのでしょうか。 まず初日は横手盆地から徐々に攻めていきます。 ナビの自動順路検索により、スタートに選ばれたのは横手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬平成仁王行脚~草津温泉の旅・その二

目的地であった草津温泉の光泉寺です。 以前から仁王さんがおられるのは知っていたのですが、遠いのでなかなか来られませんでした。 さて、そこにいらっしゃった仁王さん、こんな方々です。 細かい六角網が割と近い距離で張られているので、正面から引きで撮影するのは困難です。 見た感じ平成の仁王さんのようで、湯畑を臨む仁王門の中阿吽向…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

群馬平成仁王行脚~草津温泉の旅・その一

今回は群馬県の仁王行脚です。 とはいっても、少々ネタが尽きてきたこの群馬県。 探しに探して出てきた仁王さんはどれも平成生まれの方々。 ええい、こうなったら「平成仁王行脚」っていうコンセプトにしてしまいます。 まず始めに向かったのは高崎市の大森(だいしん)院。 そこにおられたのは先の「NIO48」でトップを獲得した茨城の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の四寺院

東京都内にもまだまだ未知の仁王さんがいます。 今回はお初二組、リベンジ二組で仁王行脚です。 まずスタートは清瀬市の圓福寺。 曹洞宗のお寺ですが、そこにいらっしゃったのは曹洞ファミリー仁王ではなく平成の銅製仁王さん。 台座が高い上に像自体も2.5m程あるのでけっこう迫力があります。 到着した時には晴れていて阿形さんに日光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川口のウルトラ仁王と足立区の石造仁王さん

埼玉県川口市長徳寺。 仁王門は1611年に再建されたものとされています。 その中にいらっしゃった黒い仁王さん。 これまた非常にオリジナリティー溢れるポージングの仁王さんです。 阿形さんは直立で左手を握って口元に。のど自慢大会で熱唱中のオジサンといった感じ。 吽形さんはスペシウム光線の構えに入る瞬間でしょうか。シュワッチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

護国寺四万六千日の仁王さん

何度も撮影に来ている護国寺ですが、この日は四万六千日法要の縁日で夜まで賑わっているということで、仁王門がライトアップされてたらいいなあと思いやって来ました。 護国寺、夜の仁王門。 まあ結論から言いますとライトアップはなかったのですが、屋台の明かりでうっすらと仁王さんが浮かび上がっていました。 これはこれで味があって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越の仁王さんと笠間の仁王さん

今回は仕事の現場入り前に会った二組の仁王さんを紹介します。 まずは埼玉県川越市本応寺の仁王さん。 なかなかの眼力(めぢから)を持った仁王さんです。江戸時代位のものでしょうか。阿形さん。 吽形さん。 この眼力。 二組目は茨城県笠間市の大願寺の仁王さん。 スタイリッシュな東大寺タイプの仁王さん。平成の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高幡不動と高尾山・仁王と紫陽花

たまには近場の仁王さんに会いに行きます。 7月4日、仕事に向かう途中、高幡不動尊に寄りました。 高幡不動の仁王さん。 阿形さん。 吽形さん。 高幡不動はあじさい祭り開催中で広い境内には紫陽花が満開。 7月5日、くもりの予報だったので高尾山薬王院へ。 ここにはリベンジ撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島南部の白いアイツ

石川町→会津→相馬(浜通り)→郡山(中通り)ときて、福島仁王行脚も仕上げの段階に入ってきた感があります。 意外にまだ未散策なのが白河市以南の栃木と隣接する村や町。 この辺りを改めて調べてみると、白河市そのものにはヒットしなかったのですが、 白川郡棚倉町に二組ほど該当したので向かいました。 棚倉町日蓮宗長久寺。 ここの山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福島中通りの田村三部作

福島仁王行脚、浜通りから中通りに移動して、郡山市から田村市まで行脚しました。 最後にとんでもなく斬新な仁王さんが待っていようとは、この時点では知りませんでした。 この日のテーマはたまたまなのですが、「田村三部作」です。 「田村」とは、征夷大将軍として活躍した坂上田村麻呂のこと。蝦夷の反乱あるいは地方の賊や鬼の討伐に活躍する軍事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福島県相馬市・南相馬市の仁王

相馬市で一仕事終え、翌22日は周辺の寺院を巡ります。 調べたところ相馬市には仁王ブームが全然来なかったようなので、先に二組程ヒットした南相馬市から行脚していくことにしました。 南相馬市新田観音堂泉龍寺の仁王さん。 インターネットで仁王画像を確認することなくやって来た泉龍寺。 そこにはスキンヘッドにベンガラ色のシンプルな仁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城県丸森町のご当地ヒーロー&福島県相馬市の巨大ロボ

会津の仁王行脚から帰ってきたばかりですが、福島県相馬市にお仕事で呼ばれたので再びの福島です。 I love 福島なのでドンと来いです。 さて、常磐道で茨城県方面から海沿いから行きたいところですが、残念ながら原発事故で大熊町周辺が警戒区域で通れない為、やむなく東北道で栃木経由で向かいました。 福島西ICで降り一般道を東へ東へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津仁王行脚2012 その5

会津3DAYSレポの最終です。 三日目の後半、喜多方市は会津札所8番竹屋観音観音寺の仁王さん。阿吽の立ち位置が逆です。 非常に平安時代っぽい雰囲気を醸し出している仁王さんですがどうでしょう? 会津の仁王さんで古いのだと平安後期作で国の重文、法用寺の仁王さんが有名ですがテイストがとても似ています。 <法用寺の仁王さん> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more