テーマ:福島

福島南部の白いアイツ

石川町→会津→相馬(浜通り)→郡山(中通り)ときて、福島仁王行脚も仕上げの段階に入ってきた感があります。 意外にまだ未散策なのが白河市以南の栃木と隣接する村や町。 この辺りを改めて調べてみると、白河市そのものにはヒットしなかったのですが、 白川郡棚倉町に二組ほど該当したので向かいました。 棚倉町日蓮宗長久寺。 ここの山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福島中通りの田村三部作

福島仁王行脚、浜通りから中通りに移動して、郡山市から田村市まで行脚しました。 最後にとんでもなく斬新な仁王さんが待っていようとは、この時点では知りませんでした。 この日のテーマはたまたまなのですが、「田村三部作」です。 「田村」とは、征夷大将軍として活躍した坂上田村麻呂のこと。蝦夷の反乱あるいは地方の賊や鬼の討伐に活躍する軍事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福島県相馬市・南相馬市の仁王

相馬市で一仕事終え、翌22日は周辺の寺院を巡ります。 調べたところ相馬市には仁王ブームが全然来なかったようなので、先に二組程ヒットした南相馬市から行脚していくことにしました。 南相馬市新田観音堂泉龍寺の仁王さん。 インターネットで仁王画像を確認することなくやって来た泉龍寺。 そこにはスキンヘッドにベンガラ色のシンプルな仁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城県丸森町のご当地ヒーロー&福島県相馬市の巨大ロボ

会津の仁王行脚から帰ってきたばかりですが、福島県相馬市にお仕事で呼ばれたので再びの福島です。 I love 福島なのでドンと来いです。 さて、常磐道で茨城県方面から海沿いから行きたいところですが、残念ながら原発事故で大熊町周辺が警戒区域で通れない為、やむなく東北道で栃木経由で向かいました。 福島西ICで降り一般道を東へ東へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津仁王行脚2012 その5

会津3DAYSレポの最終です。 三日目の後半、喜多方市は会津札所8番竹屋観音観音寺の仁王さん。阿吽の立ち位置が逆です。 非常に平安時代っぽい雰囲気を醸し出している仁王さんですがどうでしょう? 会津の仁王さんで古いのだと平安後期作で国の重文、法用寺の仁王さんが有名ですがテイストがとても似ています。 <法用寺の仁王さん> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津仁王行脚2012 その4

会津行脚も3日目になりました。この日は喜多方市を中心に会津三十三観音札所の仁王さんを探索です。 これでおそらく会津近辺の仁王さんは網羅できるハズです。 まずスタート地点は会津若松市の会津札所17番中ノ明観音密蔵院。 おとといから何度となく通って気になってた「観音前」交差点の近くにありました。 会津スタイルの仁王さん。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津仁王行脚2012 その3

会津行脚2日目。 この日はすでに何度か訪れているお寺をふたつだけに絞って回ります。 理由は会津若松から距離があるのと、見所満載の二寺院なため時間がかかるからです。 まずは西会津に向かう途中の柳津町の福満虚空藏尊圓藏寺。 ここは茨城県東海村の大満虚空藏尊、千葉県天津小湊町の能満虚空藏尊と共に日本三大虚空藏尊の一つに数えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津仁王行脚2012 その2

会津初日レポの後半です。 次に向かったのは「会津ころり三観音」のひとつ、中田観音弘安寺。 中田観音様はこんな方です。会津のポスターより。 ここの仁王さんは躰が黒くて、唇が赤い仁王さんです。ザ・江戸な感じのファット・ボトムです。 面白いのは阿形さんの腕に掛けられた輪投げの綱みたいなもの。なんでしょうか? 吽形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津仁王行脚2012 その1

突如会津の仁王を徹底的に行脚することにしました。 会津はお寺巡りスタートのきっかけの地。 毎年一度は必ず訪れていますが、去年は震災もあって来れませんでした。 そして気合を入れて仁王行脚するのも何気に初めて。 調べてみると流石に東北の仏都・会津、いるわいるわで3日かけての行脚となりました。 ブログも5パートに分けてお送り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県石川町 小松寅吉・小林和平の仁王

前日に急遽福島県の石川町に仕事で行く事が決まり、滋賀の実家に帰ろうかと思っていたのを取り止め、福島県石川町近辺の仁王行脚をすることになりました。 いろいろ調べてみると石川町出身で地元を中心に活躍した明治~昭和初期の石工・小松寅吉とその弟子小林和平の仁王というのが出てきたのでウキウキして向かいました。 寅吉と和平は狛犬を芸術の…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

あれから9ヶ月 いわきの仁王 

福島県いわき市の仁王行脚です。 いわき周辺は徳一上人が開祖し、その後真言宗などの密教寺院に改宗した寺院が多いので、仁王門も割とあります。今回は仁王門がある主要な寺院を回ってみます。 まず曹洞宗の龍門寺。 「龍」「雲」「泉」などの漢字がつくと曹洞宗であることが多いです。 そしてその仁王門にいらしたのはこれまた典型的な「曹洞ファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島のベスト仁王

雪の山形を脱出して行きと同様帰りも福島を行脚してゆきます。 郡山周辺から。 まずスタートは三春町の田村大元神社。大元とは大元帥明王の大元でかつては大元帥明王社という名称の神仏習合の寺社でした。 こちらにいらっしゃる仁王さんは江戸時代の仏師伊東光雲(光運?)の作。 予備知識なしで行ったのですが、その初めて見たそのときのイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島仁王行脚 ふくしまは負けない!!

仕事で山形へ向かう途中、福島に寄りました。 福島市近郊の仁王行脚です。といってもこの辺りは仁王ブームが来なかったようで探せど探せど全然ヒットせず、なんとか絞り出た2組と、途中ブックオフで入手した「信達三十三観音膝栗毛」なる本からみつけた1組の計3組だけの仁王行脚となりました。 まあ、1日3組くらいが本当はちょうどいいんですよね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more